スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ワインの資格 その2
2月12日のブログの続きです。
受験すべきセクションが決まったら、
さぁ~勉強を始めましょう!!!

っていっても何から手を付けて良いかわからない…
そんな方、随分と多いのではないでしょうか?

そこで、まず用意すべきテキストをご紹介します。

『ソムリエ協会 教本』

現在販売されているのは2011年のもの。(緑色の表紙)
(2012年が発売されるのは5月以降)

まずはこの教本を1日でも早く手に入れて下さい。
新しい2012年がでたら買えば良いのでは?
と考える人は、「受験する」とか「合格する」という
気がほとんど無い人と言えます。

毎年ワイン講師をしていて感じることは、
合格する人は、行動が早く素直であり、
合格したい思いが強い方ばかりなのです…。

ですから、新しい教本がでたら購入するなどという
考えを全く持っていません。

2011年の教本を持つ意味は他にもありますが、
分かります…よね?

他には、我がボス監修の

『田辺由美のWINE BOOK』『WINE NOTE』

とても見やすく、暗記するにはとても役立つテキストです。
こちらは最新2012年が販売されています。

まずはこれらを用意してください。

そして、そのテキストで勉強を始める前に、
簡単に読めそうな「ゼロからはじめる○○ワイン」とか、
「フランスワインのすべて」みたいな本を1度ざっくりと読み、
わからないワードだけチェックしておいてください。
(ポイントは覚えようとせず、ただ読めばOKです)

その後に、先のテキスト達の登場となる訳ですが、
勉強の進め方については、後日のブログで紹介していきます。

ワインの資格を取ろうと思ったら、迷わずGOです。
私も田辺由美ワインスクールの講師として、
一人でも多くの方々が合格出来るようお手伝いしております。

http://www.wincle.com/index.htm

20120220195854.jpg
【2012/02/20 21:00 】 | ワイン資格試験 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ワイン笑講座 6&7期生 | ホーム | ワイン笑講座4期生>>
コメント
2011年の教本を持つ他の意味とは、何ですか?
【2012/02/21 09:37】| URL | #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
実際に教本を手にして、勉強していけば
誰でもその意味が分かります。
【2012/02/21 18:51】| URL | 長谷部賢 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。